kenplin box

音楽とオーディオ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シッティン・イン/ロギンス&メッシーナ


初期ロギンス&メッシーナの〈プー横丁の家〉が好きで、
輸入盤で聴いていたが、モビール・フィデリティ盤が見つかったので、
最近はこちらで楽しんでいる。
この時代のアコースティック感がたまりません。


スポンサーサイト
  1. 2017/06/02(金) 08:37:13|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

緑の地平線/カーペンターズ

緑の地平線

輸入盤で聴いていたのだが、やっと初期盤のキャニオンA&MのD32Y3082を入手できた。
5曲目の<アイ・キャン・ドリーム>のカレン嬢の口の動きが、
まるで目の前で見えるように聴こえる。


  1. 2017/05/31(水) 08:25:04|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

新入荷?CD④

新入荷4

今回は、女性ボーカル編。

ドリー・パートン、リンダ・ロンシュタット&エミルー・ハリスの「トリオ」
他の2人の声が高いので、リンダの歌声が聴こえてくるとホッとする。

1円で買ったジュリア・フォーダム「ときめきの光の中で」
ステレオサウンドで傅さんの推奨盤だ。

手嶌 葵「コレクション・ブルー」
これは新品で買いました。
6曲目のゲド戦記挿入歌〈テルーの唄〉と
7曲目のベッド・ミドラーの熱唱が印象深いのだが、
手嶌の〈ザ・ローズ〉にも心惹かれる。


  1. 2016/07/28(木) 21:23:10|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

新入荷?CD①

新入荷1

最近入手したCD。
古いJ-POP編、80年代のCDで集めてみた。

オフコース「BEST NOW VOL.Ⅰ・Ⅱ」(東芝EMIブラック・トライアングル)
 私、鈴木康弘とのデュオ時代が好き!

アリス(東芝EMIブラック・トライアングル)・松山千春のベスト
 お上からの命令には逆らえません。

サザンオールスターズ
 サザンのバラッド好きです、、、はい。


  1. 2016/07/25(月) 21:20:08|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

The Well / Jennifer Warnes



田中伊佐資氏著「ぼくのオーディオジコマン開陳」で、
〈オーディオファンのマストアイテム〉と評されていた、
ジェニファー・ウォーンズの「ザ・ウェル」。

長いこと(いつもの口癖でございまするが)探していたが、
やっと価格と製造年の納得のいくモノを見つけた。
なかなか声を聴くには宜しいようで、座長さんが喜びそうなCDだ。


well2.jpg

同時に、彼女の「フェイマス・ブルー・レインコート」と「ザ・ハンター」を、
1991~2年頃のプライベート・ミュージック・レーベルのものに買い替えた。
前者は、サイプレス・レコード・レーベルのものが欲しかったが、
高値で手が出なかった。

じっくり3枚を聴いてみると、「ザ・ウェル」は、年代的に(2001年)
ラウドネス・ウォーの影響を受けているように思う。



  1. 2016/07/03(日) 00:00:14|
  2. その他音楽
  3. | コメント:2

Billy Joel SONY DPシリーズCD

billyDP1.jpg

1982年から始まった、CDの販売。
ソニーの第1号CDは、ビリー・ジョエルの「ニューヨーク52番街」

メガヒットが生まれたあたりから、ビリー・ジョエルの初期CDを集めた。



billyDP2.jpg

5枚の35DPシリーズの内、金色は「グラス・ハウス」のみ。
もっと、「金」がほしぃぃぃぃぃぃい。

  1. 2016/07/01(金) 00:00:53|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

Another Night / Wilson Brothers



1980年ごろ、ヒットしたAOR。
特に大阪では流行りましたねぇ。
その筆頭のようなアルバムが、このウィルソン・ブラザーズの「アナザー・ナイト」
ふらりと入った中古屋さんの棚で、買ってくれーとばかりに待ち受けていた。

今聞いても、いいですねぇ。TOTO好きだから・・・。



  1. 2016/06/22(水) 22:47:16|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

PINK FLOYD THE WALL 50DP361~2



ピンクフロイドのCDは、高値を付けているものが多々ある。
一番は、「炎~あなたがここにいてほしい」のソニーミュージックエンターテインメントの35DP盤。
お次は、この「ザ・ウォール」かな・・・、「狂気」もソニー製であれば、ちょっと高い。
先に買ったものはCSR刻印有で、あとのものは無し。
どちらもプリエンファシス仕様。


まあ、いつものごとくの重ね買いであります。
入手するのに苦労したものを、次に簡単に見つけてしまうと、ついつい買ってしまうのですねぇ。
悪い癖です。





  1. 2016/06/07(火) 06:40:38|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

1972年ROCK



高橋 健太郎氏の「スタジオの音が聴こえる」で提唱されている
音の良い1972年のレコードを、なるべく発売年が古いCDで集めてみた。

左上から
○ウルル/ジュシー・エド・デイヴィス(AMCY-2584)
 ブルースとゴスペルをベースにしたスワンプ・ロックというジャンルに入るそうだ。
 SS誌で活躍している小林 慎一郎氏の解説だ。

○エグザイル・オン・メイン・ストリート/ローリング・ストーンズ(42DP601)
 LP2枚分を1枚のCDに収めたもの。ミック・ジャガーの声がなかなかリアル。

○カーニー/レオン・ラッセル(PSCW-1030)
 アクを抑えた1曲目の〈タイト・ロープ〉、軽やかで良い曲だ。
 大好きな〈マスカレード〉も入っている。

○ガンボ/ドクター・ジョン(18P2-2922)
 だみ声なんだけれども、なぜか惹きつけられる。

○ギヴ・イット・アップ/ボニー・レイット(WPCP-3578)
 ギターの上手なレイットさん。
 なんと、フィービ・スノウにギターを教えたことがあるんだって。

左下から
○サムシング・エニシング/トッド・ラングレン(R2DD71107)
 ちょっと細めの綺麗な声。好みだ!

○スライダー/T.レックス(20CP-1)
 まさか、まさか、聞くことはないと思っていたマーク・ボランを聞くことになるとは・・・。

○ハーヴェスト/ニール・ヤング(32XD395)
 〈ハート・オブ・ゴールド(孤独の旅路)〉は、ギターで練習したっけ、、、。
 ちょっとCDの音の抜けが悪い。

○レッツ・ステイ・トゥギャザー/アル・グリーン(VICP-61684)
 ミディアム・テンポの表題曲は、なかなか良い曲。

○ワン・マン・ドッグ/ジェームス・テイラー(AFZ101)
 SS誌の同氏の名盤探聴にも登場したアルバム。
 コンソールはAPIとのこと。



 
  1. 2016/03/19(土) 21:37:19|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

フィル・ラモーン

phil ramone

高橋 健太郎氏の「スタジオの音が聴こえる」の中に、
A&Rレコーディングの紹介がある。
名プロデューサーと謳われたフィル・ラモーンが仕事をしていたところだ。

その最終ページには、代表的なアルバム5枚の写真が載っている。

クインシー・ジョーンズ「ビッグ・バンド・ボサノヴァ」
スタン・ゲッツ&ジュアン・ジルベルト「ゲッツ/ジルベルト」
ポール・サイモン「スティル・クレイジー・アフター・オール・ジーズ・イヤーズ」
フィービ・スノウ「セカンド・チャイルドフッド」
ビリー・ジョエル「ザ・ストレンジャー」

ポール・サイモン以下は、こんな私でもレコードを所有している。
フィル・ラモーンは、時代の寵児だったのだ。




 
  1. 2016/03/17(木) 21:34:57|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

いろいろロック2



やっぱり、好きなウェスト・コースト・ロックを聴かなくっちゃね。
聴き慣れたものばかりだけれど・・・。

  1. 2016/03/11(金) 23:26:15|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

いろいろロック

rockTA.jpg

「スタジオの音が聴こえる」の影響で、
聴き慣れたものや未聴のロックのCDを集めて聴き始めている。

ダイヤーストレイツの「ブラザーズ・イン・アームス」の表ジャケットにある
ドブロのようなギターは、
ボニー・レイットの「ギブ・イット・アップ」のライナーの彼女の写真にある
ギターと同種であるようだ。


  1. 2016/03/10(木) 06:50:48|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

JAMES TAYLOR



最近、ギターを引っ張り出して、
ポロン・・・ポロン♪と弾いている。
でも、上手くないんだなぁ。



james2.jpg

原因は、ジェイムス・テイラーの初期に録音されたCDを聞き始めたから。
特に音が良いと言われている「ワン・マン・ドッグ」は、
オーディオ・フィデリティ盤を調達している。


  1. 2016/01/30(土) 15:17:10|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

また、重ね買い


腰が悪くって、シルバーウィークを棒に振りそうだ。




入手するのに苦労したCDが、ふらりと訪れた中古屋で見つけてしまうと、
その苦労が蘇り、すぐに買ってしまう。
シャイーの「マンフレッド」。


doublecd2.jpg

最近お気に入りの、ジャニス・イアン「再会」。
1992年に発売されたものが、翌年の1993年に型番を換え再発売されている。
今まで聞いていたのは、1993年盤。

これが気になって、1992年盤を探した。
価格は1993年盤の方が高い。

矯めつ眇めつ眺めてみたが、なかなか違いが見つからない。



doublecd3.jpg
おー、あった。
1992年盤は12曲、翌年盤は13曲。
前者は世界先行発売で日本だけのものだったのが、
後者は全世界発売で、1曲追加されたのだろう。

疑問が、氷解した。




  1. 2015/09/20(日) 09:05:18|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

PINK FLOYD / THE WALL 50DP361・2


腰痛で、コルセット生活になっている。
そんな時にでも、買い物をするので、荷物は来る。


wall2.jpg

今回の到来品は、
ピンク・フロイド「ザ・ウォール」の初期CD(50DP361・2)

プレミアが付いているCDで、安ければと思っていたら、幸運にも手に入った。
プリエンファシス仕様で、結構低音の伸びも良い。
アナログLP(日本盤)は、TAS LISTにも選ばれているくらいだから、録音が良いんだよねぇ。




  1. 2015/09/12(土) 18:44:36|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

今日聴いたアルバム⑤

昔聴いていたロック(大部分がA.O.R)を取り出した。

かなり装置の質が上がっているので、聴きごたえがあるし、楽しいものだ。



rocklist2.jpg
rocklist3.jpg
rocklist4.jpg
rocklist5.jpg
rocklist6.jpg
rocklist7.jpg
rocklist8.jpg
rocklist9.jpg
rocklist10.jpg
rocklist11.jpg
rocklist12.jpg
rocklist13.jpg
rocklist14.jpg
rocklist15.jpg




  1. 2015/08/02(日) 21:23:50|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

今日聴いたアルバム②

大阪クラシック1

例年のように、大植英次プロデュースの大阪クラシックが近づいてきた。
私が勤める会社も、ちょこっと協賛している。


大阪クラシック2
プログラムを見ると、9月6日の初日の最初の演奏が、
コープランド/市民のためのファンファーレ。

今日の幕開けCDは決まったようなものだ。

copland4.jpg
○大植英次指揮・ミネソタオーケストラ
 ヨハネスさんにいただいた、コープランド:市民のためのファンファーレ
 おしりがモゾモゾするくらいの低音が出ているぞ。

○ビル・エヴァンス「インタープレイ」
 ビクターの初期CD(VDJ-1546)が手に入った。
 後半になるほど、ハバードのトランペットの音が良い。

○ユーミン「ダイヤモンドダストが消えぬまに」
 〈霧雨で見えない〉の歌詞が、数日前にポッカリ頭に浮かんだ。

○カーラ・ボノフ「眠れぬ夜」から
 〈ザ・ウォーター・イズ・ワイド〉邦題は〈悲しみの水辺〉というらしい。
 一昔前の、ステレオ時間のエンディング・テーマ曲。復活か?





  1. 2015/07/30(木) 21:22:07|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

今日聴いたアルバム①

仕事から帰り、晩御飯を食べて、
ステレオを聴ける時間は1時間半から2時間程度。

いつもその時の気分でアルバムを取り出しているが、
一度試しに、何を聴いているのかを記録に残してみよう。




今日は、聴き始めは「これ!」との明確な意思があった。

○リミックス・レベッカ
 朝のテレビで、レベッカが再結成されることが報じられていた。
 TVで流れていたNOKKOの声は、少し伸びが足りないようにも感じたが・・・。

○エリック・ドリフィー・アット・ザ・ファイブ・スポットVol.2
 初期CDのVDJ1525。
 買ったまま、聴けていなかったので取り出した。
 ドルフィーの楽器は、バスクラとフルート。
 いやぁー、バスクラがよろしおま。

○中島みゆき
 時間残り5分。
 今日の気分は、〈土用波〉




  1. 2015/07/29(水) 21:23:47|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

「夫婦に儲けさせてるの?」

夫婦


妻がステレオ部屋に掃除に入って、CDケースを見ての一言。

ソウルノートの機器でモニタリングされている
山下達郎・竹内まりや夫婦のアルバム。

でも、中古だから印税は入らないよねぇ。


  1. 2015/07/23(木) 21:11:14|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

Breaking Silence / Janis Ian



ステレオサウンドの試聴で使われているCD、
ジャニス・イアン「再会」を手に入れた。

このアルバムは1991年に録音され、
当初は東芝EMIから発売されていたが、
その後ビクターエンタテインメント(ステレオサウンドで使われている銘柄)に移り、
ブルースペックCDはソニーから出たという変わり者だ。
この盤は、初期にあたる東芝EMI製だ。


音はあまり細工をしていない再生が好ましい。
少し低音過多かもしれないが・・・。






  1. 2015/07/12(日) 07:26:57|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kenplin

Author:kenplin
JBL4520BK〇
JBL130A〇
JBL537-500
JBL2395
JBLHL90〇
JBL2309/2310
JBL375〇
JBL075〇
GATES CB500〇
UREI 1122
SHURE SE22
AMPEX AM-10
KRELL KSL〇
NEUMANN V457ST
NEUMANN W444A
NEUMANN V472-2
NEUMANN V475-2
STUDER A730〇
UREI 525
JBL/UREI 6290 6260 6230〇
JBL/UREI 6215〇
DBX DriveRack260〇

カテゴリ

オーディオ (577)
JBL SP (112)
JBL AMP (65)
STUDER (45)
NEUMANN (58)
UREI (39)
AMPEX AM-10 (39)
その他オーディオ (219)
音楽 (849)
ジャズ (376)
クラシック (163)
名録音106、嶋護の一枚 & TAS LIST (131)
STEREO RECORDS (27)
近所のSさん (14)
中島みゆき (11)
その他音楽 (127)
その他 (117)
未分類 (0)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。