kenplin box

音楽とオーディオ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夢の時/武満 徹

夢の時

ステレオサウンドの某評論家氏が聞いているという、
岩城宏行指揮・メルボルン交響楽団の「夢の時」

廃盤になって久しいので探し回り、幸い2種類のCDを手に入れることができた。
何度も聞いているが、まだ馴染めない。


スポンサーサイト
  1. 2017/05/05(金) 08:39:49|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

新入荷?CD③

新入荷3

今回の新入荷は、クラシック編。

テンシュテットの「マーラー交響曲6番」より悲劇的なものはないということで、
初期東芝EMIのCC30シリーズとTOCEシリーズものを手に入れた。
CC30盤の方が、音が細かい。

そして、ムーティの「レスピーギのローマ三部作」と「ペトルーシュカと春の祭典」の廉価盤。
まだ、あまり聞けていない。



  1. 2016/07/27(水) 18:44:58|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

ラヴェル / クリュイタンス・パリ音楽院管弦楽団 

cluytensRavel.jpg

LHH2000が去って、落ち着きを取り戻したステレオ部屋。
評論家の小野寺氏の推奨クリュイタンス・パリ音楽院管弦楽団のラヴェル諸作品を、
CDで集めてみた。

調べたところでは、東芝EMIのcc33シリーズが一番古そうだったので、
4枚揃えた。

折あるごとに、聞いていこう。




  1. 2016/07/12(火) 21:48:52|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

ステレオサウンド199号



掲題誌の特集は、私のオーディオ名盤。
評論家諸氏の名盤が登場する。

興味のあるものを入手したり、手元にあるものを引っ張り出したりして、聴いている。

今日はクラシック。

カラヤン、ウィーンフィルのビゼー:歌曲「カルメン」
デュ・プレ、バルビローリ・ロンドン響のエルガー:「チェロ協奏曲」
ムーティ、フィラデルフィア管のストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」


  1. 2016/06/29(水) 06:53:23|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

金レーベル

金レベー

あるショップで手に入れたソニーの初期CD、サイモン&ガーファンクルの「若き緑の日々」
値段も800円と低価であったが、な、な、なんと金レーベル。
ずいぶんと得をした気分だ。


で、同ショップでグールドの「バッハ・ゴールドベルグ変奏曲」が出た。

5枚目の正直と思って買ったが、、、

金レベ2

やはり、銀レーベル・・・・残念!



  1. 2016/06/05(日) 18:11:46|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

大阪フィルハーモニー交響楽団 定期演奏会

大フィル

たまに、大フィルの演奏会のチケットが手に入る。
前回は、円光寺雅彦指揮の歌入りの新春名曲コンサートで大いに楽しめた。

今回は定期演奏会で内容は
<指揮>クシシュトフ・ウルバンスキ
<独奏>アンナ・ヴィニツカヤ(ピアノ)
<曲目>チャイコフスキー/幻想序曲「ロメオとジュリエット」
      ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
      ルトスワフスキ/管弦楽のための協奏曲

前2曲は聞き覚えのある曲であるが、
最終曲は難しかった。

コントラバス、ティンパニーやグランカッサの生の音は、やはりいいです。
やや、、、低音楽器ばかりなり。





  1. 2016/05/24(火) 08:15:41|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

新ワルター大全集 コンプリート

haydn1.jpg

長い間、探していた新ワルター大全集のCDの最後の1枚、
ハイドンの「V字」「軍隊」(28DC5032)が見つかった。
しかも、、、未開封。
開けるのが忍びないので、手持ちの35DC盤で。



haydn2.jpg

はい、全部揃って記念撮影、、、パチッ!


ハイドン:交響曲「V字」/「軍隊」
モーツァルト:交響曲「ヘフナー」、39番
モーツァルト:交響曲「リンツ」/「プラーハ」
モーツァルト:交響曲40番「ジュピター」
モーツァルト:Vn協奏曲3番、4番 フランチェスカッティ
ベートーヴェン:交響曲1番、2番
ベートーヴェン:交響曲4番、「運命」
ベートーヴェン:交響曲7番、8番
ベートーヴェン:Vn協奏曲 フランチェスカッティ
シューベルト:交響曲5番、「未完成」
シューベルト:交響曲「ザ・グレート」
ブラームス:交響曲2番、大学祝典序曲
ブラームス:交響曲3番 アルト・ラプソディー 運命の歌 ミラー
ブラームス:二重協奏曲、シューマン:P協奏曲 フランチェスカッティ、フルニエ、イストミン
ドヴォルザーク:交響曲8番/ハイドン変奏曲
ドヴォルザーク:交響曲「新世界より」
ワーグナー管弦楽曲集
ブルックナー:交響曲「ロマンティック」
ブルックナー:交響曲7番
ブルックナー:交響曲9番、ローエングリン前奏曲
マーラー:交響曲「巨人」
マーラー:交響曲「復活」、さすらう若人の歌 ミラー
マーラー:交響曲「大地の歌」 ミラー、ヘフリガー
マーラー:交響曲9番、ジークフリート牧歌

  1. 2016/04/25(月) 21:13:22|
  2. クラシック
  3. | コメント:1

Der Rosenkavalier CD



全体を聞かなくっちゃねぇ。
てことで、「ばらの騎士」のCDを手に入れて、聞き始めている。






  1. 2015/11/05(木) 21:16:01|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

CANTATE DOMINO



田中伊佐資さんの試聴会では、
レコードのオリジナルやセカンド等の聞き比べをさせていただいたし、

ヨハネス・レクチャーでも使われていた、
「カンターテ・ドミノ」(1994年製CD)

双方で使われていた、レコードではB面2曲目、
CDでは9曲目の〈Julsang〉から聞く。

声とその響きの調和がいいねぇ。

スウェーデンのPROPRIUSレーベルには、もう1枚欲しいものがあるのだが、
なかなか出てこないんです。






  1. 2015/10/26(月) 00:00:36|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

セカンド・プレス



今朝は、マゼール・クリーヴランド響の「ローマの松」(DECCA ED4、オリジナル)からスタート。
このアルバムの低音は、肩を震わせる程度の振動しか得られない。
もう少し、腹に響く低音が聞けたらなぁと思うのだが、贅沢かな。





ちょっと思いついて、デッカ・レーベルのセカンド・プレス盤。
seconddecca2.jpg
seconddecca3.jpg

バーンスタイン・ウィーンフィルの「大地の歌」(DECCA ED2)
オリジナルはED1。


seconddecca4.jpg
seconddecca5.jpg

ランチベリーの「ラ・フィユ・マル・ガルディ」(DECCA ED4)
オリジナルは、ED1。


デッカ・レーベルは、後期盤でも音はさほど劣化しないとの噂だが、
やっぱり、オリジナルが欲しいものだ。



  1. 2015/08/23(日) 11:27:34|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

SHADED DOG(影犬)

手持ちのRCD LIVING STEREOのセンター・ラベル(シェイディッド・ドッグ) を写真撮影。
数種類のデザインがあるそうだが、手持ちのものは同じに見える(絵柄の下の文字が違うものがある)。


SD2.jpg
SD3.jpg
SD4.jpg
SD5.jpg
SD6.jpg
SD7.jpg
SD8.jpg
SD9.jpg



SD10.jpg
POPS・JAZZ系は、黒地。
「影」は、、、、見えない。



  1. 2015/08/16(日) 15:31:58|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

コロンビア ツー・アイの初期

クラシックのコロンビア盤もちょっぴり。

別2eyes1
別2eyse2

上のワルターの「マーラー交響曲第1番」と、下のバーンスタイン「ベートーヴェン交響曲第5番」は、
どちらもコロンビアのツー・アイであるが、ワルター盤には“360 SOUND”の前に矢印が無い。

ワルターの録音は1961年初めで、発売されたのが1962年。
バーンスタインの録音も1961年秋で、発売は1963年。
この間に、矢印が付いたものと思われる。


  1. 2015/08/14(金) 21:56:33|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

辛抱でけへんかった!



集めている「新ワルター大全集」のCDは、残すところハイドンの交響曲のみになっている。
しかし、探し回っても、なかなか見つからない。

そんな時に、オークションにもう一つ古いCDが出てきた。
コレクションのコンプリートにならないことはわかっていながら、
やっぱり、辛抱できずに買ってしまった。

この当時3500円したプリエンファシス仕様のCDは、
「88番V字」と「100番軍隊」が入っている。

「軍隊」の方に、ティンパニーとグランカッサの強打と同時に、
トライアングルの音が入っている。

CDならば簡単に聞き分けられるものであろうが、
アナログならば結構難しい再生になるんではないだろうか。
オーディオ・チェックレコードには最適って、、、誰も言わない?


  1. 2015/08/08(土) 21:24:59|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

マリナー指揮 グリーグ・ペールギュント


この黄色の背表紙を見ると、どうも買わずにはいられないようだ。
ピンク・フロイドの「狂気」は3枚目。
CDの製造で、いくつかのバージョンがあるため重ね買いをしたのだけれど、
今回は重複してしまった。

右側はマリナーの「ペールギュント」
番号がHCD2028と、クラシック初期盤の「CCシリーズ」とは違うが
この黄色の背表紙はほっておけなかった。


peergynt2.jpg
中身は、ブラック・トライアングルではなくレッド・トライアングル(?)。
聞き知った旋律がいっぱい出てきて楽しい。



  1. 2015/07/18(土) 12:01:09|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

23/24新ワルター大全集 ブルックナー:交響曲「ロマンティック」

walbru4.jpg

ワルター・コロムビア響のブルックナー:交響曲4番「ロマンティック」CDが手に入った。
このCDは、プリエンファシス仕様で、明るい音調ながら重厚な音がする。

これで、あとはハイドンのCD1枚を残すのみとなった。
あぁー、早く出てこないかなぁー。


ハイドン:交響曲「V字」/「軍隊」
モーツァルト:交響曲「ヘフナー」、39番
モーツァルト:交響曲「リンツ」/「プラーハ」
モーツァルト:交響曲40番「ジュピター」
モーツァルト:Vn協奏曲3番、4番 フランチェスカッティ
ベートーヴェン:交響曲1番、2番
ベートーヴェン:交響曲4番、「運命」
ベートーヴェン:交響曲7番、8番
ベートーヴェン:Vn協奏曲 フランチェスカッティ
シューベルト:交響曲5番、「未完成」
シューベルト:交響曲「ザ・グレート」
ブラームス:交響曲2番、大学祝典序曲
ブラームス:交響曲3番 アルト・ラプソディー 運命の歌 ミラー
ブラームス:二重協奏曲、シューマン:P協奏曲 フランチェスカッティ、フルニエ、イストミン
ドヴォルザーク:交響曲8番/ハイドン変奏曲
ドヴォルザーク:交響曲「新世界より」
ワーグナー管弦楽曲集
ブルックナー:交響曲「ロマンティック」
ブルックナー:交響曲7番
ブルックナー:交響曲9番、ローエングリン前奏曲
マーラー:交響曲「巨人」
マーラー:交響曲「復活」、さすらう若人の歌 ミラー
マーラー:交響曲「大地の歌」 ミラー、ヘフリガー
マーラー:交響曲9番、ジークフリート牧歌




  1. 2015/07/08(水) 06:15:42|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

BERNSTEIN・MAHLER


バーンスタインNYPのマーラー3番・4番の古いCDを見つけた。
当時7300円もする代物だったが、なんと950円。

なぜこのCDが欲しかったかというと、
五味康祐氏の上杉佳郎氏の音の評価時に、
使ったのがバーンスタインのマーラー4番の第2楽章。
「死神のヴァイオリン」と称される楽曲だからだ。

早速、このCDの3枚目の2曲目をCDPで再生する。
なかなかまとまった音ではある。

ためしに、タンノイのⅢLZで聞いてみる。
五味氏が称したゴールデンコンビ(LUX 38FD)ではないが、
これはいけません。
いくら良く鳴りだした我が家のJBLでも、
まだまだ調整の余地があることを思い知らされた。




  1. 2015/06/04(木) 08:40:33|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

Riccardo Muti / Petrushka CC38-3013


ムーティ・フィラデルフィア管弦楽団の「ペトルーシュカ」CDの初期盤が見つかった。
プリエンファシス仕様で、ソニーでの盤の製作のものだ。

同指揮者・同楽団の「ロミオとジュリエット」がお気に入りだが、
これもグランカッサの響きが大いに広がる。
いやぁー、楽しい。

mutipetrushka2.jpg
東芝EMIのCC38シリーズは、大抵が背デザインに二色の線が入っているのに、
このアルバムにはなかった。
まあ、テンシュテット盤で経験しているので、
見逃すはずはないはず・・・だよね。



  1. 2015/04/09(木) 22:37:20|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

20/24新ワルター大全集 ベートーヴェン:交響曲7番、8番


新ワルター大全集の「ベートーヴェン:交響曲7番、8番」が手に入った。
残りは、4枚だ。

以前から持っている250円で買ったFDCA524(同じくワルターのベートーヴェン7・8番)と比較。
FDCAはプリエンファシス仕様、今回のものはノン・プリエンファシス仕様。
音は、FDCDは重厚、今回のものは抜けが良い。
どちらかというと、FDCDの方が好みだ。


ハイドン:交響曲「V字」/「軍隊」
モーツァルト:交響曲「ヘフナー」、39番
モーツァルト:交響曲「リンツ」/「プラーハ」
モーツァルト:交響曲40番「ジュピター」
モーツァルト:Vn協奏曲3番、4番 フランチェスカッティ
ベートーヴェン:交響曲1番、2番
ベートーヴェン:交響曲4番、「運命」
ベートーヴェン:交響曲7番、8番
ベートーヴェン:Vn協奏曲 フランチェスカッティ
シューベルト:交響曲5番、「未完成」
シューベルト:交響曲「ザ・グレート」
ブラームス:交響曲2番、大学祝典序曲
ブラームス:交響曲3番 アルト・ラプソディー 運命の歌 ミラー
ブラームス:二重協奏曲、シューマン:P協奏曲 フランチェスカッティ、フルニエ、イストミン
ドヴォルザーク:交響曲8番/ハイドン変奏曲
ドヴォルザーク:交響曲「新世界より」
ワーグナー管弦楽曲集
ブルックナー:交響曲「ロマンティック」
ブルックナー:交響曲7番
ブルックナー:交響曲9番、ローエングリン前奏曲
マーラー:交響曲「巨人」
マーラー:交響曲「復活」、さすらう若人の歌 ミラー
マーラー:交響曲「大地の歌」 ミラー、ヘフリガー
マーラー:交響曲9番、ジークフリート牧歌

  1. 2014/12/04(木) 21:20:55|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

ポリドールF35シリーズ

ヨハネスCD
先日ヨハネスさんにお会いしたので、同氏の推奨CDの話。
輸入盤で集めたが、同じものが日本のポリドールで出されているため、
初期盤F35シリーズを探してみた。

ドュトワ指揮・モントリオール交響楽団 ムソルグスキー「展覧会の絵」
輸入盤 417 299-2 日本盤 F35L-20141
差はない

バーンスタイン指揮・ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団 ジョージ・ガーシュイン「ラプソディ・イン・ブルー」
輸入盤 00289 477 6352 日本盤F35G50106
カップリング曲が違っていて、輸入盤はバーバーやコープランドの曲に対し、
日本盤はバーンスタイン作曲の〈シンフォニック・ダンス〉
こと〈ラプソディ・イン・ブルー〉に関しては、差はない。

ドュトワ指揮・モントリオール交響楽団 レスピーギの「ローマ三部作」
輸入盤 430729-2 日本盤F35L-21014
「ローマの松」より〈アッピア街道の松〉を聴く。

ダークサイドで壁が振動し、恐怖を感じたパイプオルガンの低い音が入っている。
我が家では、輸入盤の低い音が再生しきれていないが、日本盤はそれよりは聴き取れる。
日本盤は、イコライジングで多少下を切っているかもしれない。
やはり、輸入盤をダークサイドで聴くのが一番恐怖を感じるであろう。







  1. 2014/11/24(月) 08:49:39|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

ん???


BUNJINのMさんから、「T口さんから」と渡された「古代ギリシャの音楽」。
渡された理由がわからず、いろいろ考えたが、
結局、音の比較をしろとの指令と理解した。

製造は、日本盤(ビクター製)は87年、ドイツ盤は88年と似通っている。
音は、日本製は残響が多く、ドイツ盤は残響を抑え、楽器の音をしっかり表現する。
どちらを取るかと聞かれたら、ドイツ盤を選択するであろう。

いやぁー、この手の音楽を2回連続で聞くのは、ちょと辛いかな。



  1. 2014/11/07(金) 21:54:12|
  2. クラシック
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

kenplin

Author:kenplin
JBL4520BK〇
JBL130A〇
JBL537-500
JBL2395
JBLHL90〇
JBL2309/2310
JBL375〇
JBL075〇
GATES CB500〇
UREI 1122
SHURE SE22
AMPEX AM-10
KRELL KSL〇
NEUMANN V457ST
NEUMANN W444A
NEUMANN V472-2
NEUMANN V475-2
STUDER A730〇
UREI 525
JBL/UREI 6290 6260 6230〇
JBL/UREI 6215〇
DBX DriveRack260〇

カテゴリ

オーディオ (577)
JBL SP (112)
JBL AMP (65)
STUDER (45)
NEUMANN (58)
UREI (39)
AMPEX AM-10 (39)
その他オーディオ (219)
音楽 (849)
ジャズ (376)
クラシック (163)
名録音106、嶋護の一枚 & TAS LIST (131)
STEREO RECORDS (27)
近所のSさん (14)
中島みゆき (11)
その他音楽 (127)
その他 (117)
未分類 (0)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。