kenplin box

音楽とオーディオ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たまにはPCD

pcd2.jpg
たまにはPROCEED PCDで
ダイアナ・クラールを聴く。
十分な音がする。

このCDプレーヤーは、つまらない機械を持っていた私を見かねて、
ヨハネスさんが、お気に入りを譲ってくださったものだ。

HF堂では、同機種が売約済みになっていた。
購入者は、なかなかお目が高い。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/30(木) 00:10:00|
  2. その他オーディオ
  3. | コメント:0

COLUMBIA 2EYES

2eyes1.jpg

マイルス・デイビス「フォア・アンド・モア」2枚とも輸入盤。
上はオリジナルと思われる通称2eyes、下は再発盤。
2eyesの方が、断然、音の抜けが良い。

音の良い原因は、オリジナル・テープの活きの良さなのか、
当時のレコードの材質が良かったのか、
はたまた、当時のレコードを作る機材の良さなのか。

オリジナルが6eyes(2eyesより古い年代のもの)のもので、
後に発売された2eyesのものの音はどんなだろうか、また聴いてみなければ・・・。

  1. 2010/09/29(水) 00:14:23|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

aja / STEELY DAN


スティーリー・ダンのアルバムの中でも評判の高い「エイジャ」
ウェイン・ショーター(ss)やヴィクター・フェルドマン(elp)等のジャズミュージシャンの参加もあり、
聞き応えのある音に仕上がっている。

  1. 2010/09/28(火) 07:09:01|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

BLUE CITY


blowup2.jpg
共電社のIさんの指定アルバムは、鈴木勲「ブルー・シティー」であったが、
持っていないので「ブロー・アップ」で代用した。
1曲目<アクア・マリーン>のチェロのアルコが、いかに重量感を伴って再生されるかを、
注目して聴いた。

もう少し僅差かなと思ったが、LPの圧倒的勝利。
UREI525が入ってから、LPの音が凄味を出している。
UREI(1122と525)トランスのダブル効果なんだろうか?

  1. 2010/09/27(月) 07:39:19|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

Art Pepper Meets The Rhythm Section


何時もは、十分音の良いコンテンポラリーS7532盤で聴いているが、
今回はステレオ・レコーズS7018を取り出した。
やはり音の重量感が違う、ペッパーのアルトの音色が違う云々。

大切にしてやらないとね、歴史的遺産なんだから。
  1. 2010/09/26(日) 08:00:53|
  2. STEREO RECORDS
  3. | コメント:0

トランスつき・・・(^▽^)

マッチングトランス
気が付けば、
アナログ経路は
UREI1122→AMPEX AM-10→UREI525→AMP
デジタル経路は
STUDER A730→AMPEX AM-10→UREI525→AMP
と全て(マッチング?)トランス付き機材。
垂涎ものばかり!
  1. 2010/09/25(土) 09:08:02|
  2. その他オーディオ
  3. | コメント:0

UREI525出力調整

525の5
ボーカルに艶を乗せたくて、中音のボリュームをほんの少し上げる。

すると、魅力的に鳴っていた低音が消えてしまう。

また、慌てて元に戻そうとノブを回しても、低音のあった音には戻らない。

心して、ピンポイントで調整をできるように精進せねば・・・。

シリアルNO.11××番

  1. 2010/09/24(金) 06:48:27|
  2. UREI
  3. | コメント:0

ベト7

ベト7の1
ベト7の2
先日、HF堂に遊びに行ったときに、見つけてしまったカルロス・クライバー「ベト7」のLP。
少し、趣が違う。

なぜかというと、裏面の解説がハングル文字、、、韓国プレスだ。
どんな音がするのだろうと買ってきて聞いてみると、SHMCDよりも音が厚くて、
違和感なく聞けた。

  1. 2010/09/23(木) 08:38:03|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

ノイトリック銀

ギンプラグ
アナログに比べてCDの音の高域が大人しいので、
STUDER A730からセレクターへのケーブルを、
ノイトリック黒・金から銀色プラグに変更した。
これで高域がハッキリし、アナログと遜色がないようになった。

UREI525は、日々良い方向へ変身をしている。
特に低域の拡大が凄い。
  1. 2010/09/21(火) 21:11:11|
  2. その他オーディオ
  3. | コメント:0

UREI525その後

525の4
「-18dBでは音が綺麗過ぎる」と感想を持っていたが、さすが音の良いチャンデバと呼ばれるだけあって、
UREI525にはそんなことは全然感じない。

昨日今日の使用でかなり音がこなれてきて、何等制限をかけない、車で言うとリミッターを外したような、
そんな音がする。
  1. 2010/09/19(日) 21:38:00|
  2. UREI
  3. | コメント:0

UREI525 2台目

525の2
UREI525チャンネルデバイダーの代替機が到着した。
きっちりと音は出るものの、ランプの点灯がない。
でも、こんな音をチャンデバで出されてしまうと、もう外せない。

525の3
上はランプの点灯はあるが、音が出ない525。
下が今回のもの。
下のものは、初期型のフロントパネルを持っているが、シリアルは上の方が古い。
どちらも千番台。

  1. 2010/09/18(土) 16:26:11|
  2. UREI
  3. | コメント:0

GRAND ENCOUNTER / JOHN LEWIS


ビル・パーキンスのサックスの音の良さに吃驚したアルバム。
今日は、JBL/UREI5235によい音で鳴らしてもらった。
もう一段の高みへの音のグレードアップ計画は、現在代替ブツ待ち状態。
  1. 2010/09/17(金) 21:21:02|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

UREI525


よだれもののトランスぎっしりUREI525.
到着したけど、調子が悪い。

連絡をしたら、代わりの機種を送っていただけるそうで、ひと安心。
すごく良心的な方だ。
  1. 2010/09/16(木) 21:35:26|
  2. UREI
  3. | コメント:4

卒業写真

ソツギョウ
綺麗に揃った、JBL/UREIアンプ群・・・。

さあ、新しい仲間を迎える準備だ!
  1. 2010/09/14(火) 21:10:06|
  2. JBL AMP
  3. | コメント:0

ショパン ピアノ協奏曲 1番

ショパン
「のだめ・最終楽章・後編」で出てくるであろう、「ショパン・ピアノ協奏曲1番」。
また、アルゲリッチさんです。今度はデュトワさんとのコンビ。
第1楽章、ピアノの出だしのメロディが、哀愁があってお気に入り。
  1. 2010/09/13(月) 18:34:09|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

デュカス / 魔法使いの弟子

デシ1
デシ2
デュカス「魔法使いの弟子」。
ディズニー「ファンタジア」の画像を見てから、
再度CDを聴くと、より一層楽しい。
  1. 2010/09/12(日) 17:21:36|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

BRUCKNER Symphony No.4 "Romantic"

ブル4
今日、共電社のIさんのところに遊びに行ったときに、シューリヒトの話から発展して
ブルックナーの話になった。
Iさんは、突然店の引き出しの中から、私物のゲルト・アルブレヒト指揮・チェコフィルの
「ブルックナー4番・ロマンティック」を取り出し、私にくださった。
ありがとうございました。
そういえば、Iさんノイマン・チェコフィルの「モルダウ」が好きだったなぁ。

これで私の家には、LP、CD併せて「ブルックナー4番・ロマンティック」が3枚になった。
ブルックナーの他の交響曲は一切持っていない、4番だけ・・・。
2枚あることは、3枚になる???
  1. 2010/09/11(土) 21:31:58|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

電源の取り方


STUDER A730の電源の取り方を、色々試行錯誤して、やっと落ち着いた。
電源ケーブルは、ヨハネスさんにいただいた太目のBELDENケーブル。
壁コンセントから直接取り、そのコンセントのつながっている他のコンセントからは、
アナログ機器を接続しない。これで音が太くなり、低音に迫力が出る。

ラジオで聞いたマイルスの「いつか王子様が」、彼のミュート・トランペットが心地よい。
  1. 2010/09/10(金) 21:34:30|
  2. STUDER
  3. | コメント:0

カール・シューリヒト

シューリヒト
数年前、HF堂の100円セールで買ったシューリヒト。
なぜか音が良い。
じっくり眺めてみると、盤がDG、ジャケットがペラペラ、プレスが1960年代。
日本盤でも、すてたものでない。
  1. 2010/09/09(木) 21:41:12|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

大阪クラシック

オウエ
勤めている会社が、「大阪クラシック」に協力している。
歴代の会社の代表者の中には、大フィルのパトロンのような方
(調べれば、ヨハネスさん、ごんたさんの先輩でした)もいらっしゃったし・・・。

初日の日曜日には、大植 英次氏も観客の中に混じっていたそうな。
このヨハネスさんにいただいたCDを持って、サインをもらいに駆けつけたかったなぁ。
会場は、コンサート後に、サイン大会になっていたようだけど。

アイソレーション・トランス作戦は、音は良いのだが、発熱が凄いので中断してしまった。
  1. 2010/09/08(水) 21:30:05|
  2. クラシック
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kenplin

Author:kenplin
JBL4520BK〇
JBL130A〇
JBL537-500
JBL2395
JBLHL90〇
JBL2309/2310
JBL375〇
JBL075〇
GATES CB500〇
UREI 1122
SHURE SE22
AMPEX AM-10
KRELL KSL〇
NEUMANN V457ST
NEUMANN W444A
NEUMANN V472-2
NEUMANN V475-2
STUDER A730〇
UREI 525
JBL/UREI 6290 6260 6230〇
JBL/UREI 6215〇
DBX DriveRack260〇

カテゴリ

オーディオ (577)
JBL SP (112)
JBL AMP (65)
STUDER (45)
NEUMANN (58)
UREI (39)
AMPEX AM-10 (39)
その他オーディオ (219)
音楽 (849)
ジャズ (376)
クラシック (163)
名録音106、嶋護の一枚 & TAS LIST (131)
STEREO RECORDS (27)
近所のSさん (14)
中島みゆき (11)
その他音楽 (127)
その他 (117)
未分類 (0)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。