kenplin box

音楽とオーディオ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

YOU TUBE 散歩



スポンサーサイト
  1. 2011/04/30(土) 13:09:48|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

BYRON JANIS RACHMANINOFF


バイロン・ジャニスとミュンシュ・ボストンのラフマニノフ・ピアノ協奏曲3番を聞く。
インシュレーターの位置を変更したことにより、
か細かったジャニスのピアノが、かなり肉付きが良くなった。
しかし、やはりMERCURY LIVING PRESENCEのアルバムの音の方が良い。
RCA LIVING STEREOシリーズは、このあたりで打ち止めにしよう。
  1. 2011/04/29(金) 10:19:54|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

3点支持


3point2.jpg
プロ用の機器は、19インチラックに前から止めるようになっており、
脚は付いていないものが多い。
使っているものも、もちろん脚は付いていない。

今まで四隅をインシュレーターで支えていたが、
思い立って寺島式(前1、後2)の3点支持に変えてみた。

これが大当たり。
音にキレが出て、音像が前に出る。
我が家のSPは変化量が少ないと思っていたが、
なかなか敏感なようだ。
  1. 2011/04/28(木) 12:00:00|
  2. その他オーディオ
  3. | コメント:0

コルトレーン ジャズの殉教者

コルトレーン
コルトレーン研究の第一人者、藤岡康洋氏の著書を読んだ。
冒頭の章が、コルトレーン一行の日本ツアーの解説。
もうコルトレーン・マッコイ・エルヴィン・ギャリソンの黄金のカルテットではないメンバー。
CDで「LIVE IN JAPAN」は持っているが、やはりインパルス・レーベルはアナログが良い。
同じメンバーの「LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD AGAIN」を聞く。


コルトレーン2
やはり、苦手だ。
  1. 2011/04/27(水) 21:11:34|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

Generations / Georges Paczynski Trio

今日は、振替休日。
ゆっくり書きましょう。

ジャズ批評2007年のジャズオーディオ・ディスク大賞金賞は、
前にも書いたジョルジュ・パッチンスキーの「ジェネレーションズ」

generations3.jpg
澤野工房が復刻した「8YEARS OLD」や「LEVIN'SONG」とは、
ピアニストとベーシストが違う。
「ジェネレーションズ」の方が、オーソドックスなピアニストと、
前作ジェニー・クラークよりもたっぷりと低音域を生かしたベーシストになった。
そして、演奏者、録音者、編集者の全ての良い条件が合致して、
素晴らしい音のアルバムになっている。
  1. 2011/04/26(火) 09:58:35|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

You Stepped Out Of A Dream / Tonu Naissoo


ジャズ批評2006年の第一回ジャズオーディオ・ディスク大賞金賞は、
澤野工房のトヌー・ナイソー「You Stepped Out Of A Dream」。

今回は、同店に行って、言えましたよぉ、何べんも復唱しましたから・・・。

このアルバムは、シンバルがカチーン、カチーンと鳴る。
シンバルのリファレンスCDとして使えるものだ。

このシンバルの音をカチーンからカシィーンに調整すると、
他のアルバムがシィーン、シィーンと鳴る。
ほんと微妙な調整が要るものだ。
  1. 2011/04/24(日) 21:18:27|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

Mahler symphony No.9 / barbirolli


高嶺の花のオリジナル・レコードの対極にある、
790円のバルビローリ「マーラー9番」CDを買ってきた。

音は、すこし腰高な感じがする。
やはり値段通り(*'‐'*)
  1. 2011/04/23(土) 15:20:39|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

Aurora


こけおどしCDとして、
オーロラのピーター・アースキンのドラムを期待したが、
ちょっとイメージと違った。

これならば、「ジャズ批評」で毎年選ばれる、
ジャズオーディオ・ディスク大賞の音の方が良さそうだ。
  1. 2011/04/22(金) 19:23:03|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

LEVIN'SONG(再)


levinsong2.jpg
オリジナルのビニールを破ることができなくて、
廃盤になっている澤野盤を中古で探し当てた。

前作「8 YEARS OLD」と同様、パッチンスキーのシンバル、
レヴィンソンのピアノ、ジェニー・クラークのベースの音が魅力的だ。
  1. 2011/04/21(木) 21:10:51|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

Vienna / Fritz Reiner


次に来たRCA LIVING STEREO盤は、フリッツ・ライナー指揮CSOの「ウイーン」
聞くのは嶋氏推奨の〈雷鳴と雷光〉
これは大いに気に入った。
低音がドォーンと押し寄せる。
しかし、2分48秒と短いのが、たまにきず。
もっと聞いていたいのに・・・。
  1. 2011/04/20(水) 19:30:59|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

What Happened / Rossert Meyer Geiger


ジャズ批評のジャズオーディオ・ディスク大賞2010年
インストゥルメンタル部門金賞のアルバムを探して入手した。

驚いた!
低音の深さ、シンバルの輝き、それにもましてピアノの好ましい音。
まだまだ、CDでこんな音が出せるのだ。
新録アルバム、、、頑張れ!
  1. 2011/04/19(火) 21:33:11|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

Also sprach Zarathustra


RCA LIVING STEREOシリーズに手を伸ばし始めた。
「2001年宇宙の旅」でお馴染みの「ツァラトゥストラはかく語りき」、
フリッツ・ライナー指揮シカゴ・シンフォニーのものだ。
もっと、ガァーンとくるものだと思っていたが、意外にナチュラルな音。
さて、次は何が到着するのだろう。
  1. 2011/04/18(月) 19:34:57|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

緑から黒


AMPEX AM-10のトランス、4580200-01を緑ベースから黒ベースに換えた。
黒ベースの良いところは、中低域に力を加えるところ。
緑ベースで散々中低域を緩める調整をしたが、
トランスを換えることによって、あっさりと実現してしまった。
やはり、黒ベースが今の環境では合っている。
  1. 2011/04/17(日) 19:03:28|
  2. AMPEX AM-10
  3. | コメント:0

成田山不動尊

ナリタサン
新しい車の「交通安全祈願」に、成田山不動尊に行って来た。
新車購入時の恒例となっているので、これで安心して運転できる。
  1. 2011/04/16(土) 22:58:39|
  2. その他
  3. | コメント:0

Das Rheingold


今日届いたのが、ショルティの「ラインの黄金」
DECCAを聞くならば、ショルティ「ニーベルングの指輪」、
特にできの良いと言われるこのアルバムは、外せないでしょう。

イギリス製作CDが欲しかったが、来たのはアメリカ製CDで、ちょっと残念。
週末は、これにかかりっきりかな。
  1. 2011/04/14(木) 19:34:09|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

mp3の作成

リッピング
mp3.192KbpsをWMPで作ってみた。
2GBを目処にしたら、CD28枚分が入った。
全部聞くことのできる、長時間ドライブに出かけられるか・・・。
  1. 2011/04/13(水) 18:00:08|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

trio '65 / bill evans


これも五階百貨店内の中古やで買ってきた、ビル・エバンス「トリオ65」VAN GELDER刻印。
欲しいものが2枚買えるのは珍しい。

ヴァーヴのVAN GELDER刻印は、音が良かったり悪かったり均一性がない。
しかし、このアルバムは大当たり。
リバーサイド・レーベルの二番煎じといわれようが、やっぱり選曲が良いしぃ・・・。
  1. 2011/04/12(火) 18:21:44|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

BLUES ette

bluesette.jpg
かなり前から、暗い所で本が読めない。
オーディオ部屋は、照明はレフ球60wを利用していたが、
あまりにも暗いので、日本橋にレフ球100wを買い出しに。

ちょっと気が向いて、五階百貨店内の中古レコードやへ。
「BLUES ette」の再発盤になるサヴォイ・マルーン・ラベル・ゲルダー刻印を見つけた。

これは良い音がしていて、大正解。
ゴルソン・ハーモニーが気持よい。

  1. 2011/04/11(月) 17:55:51|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

3分間クッキング

タンタラ♪ タラタラ♪ タッタッターン♪
皆様、3分間クッキングの時間です。



UREI525の調子がもう一つ。
こんなときは、MODEスイッチをグリグリ回すと直ることが多い。
今日は、もうちょっと深く・・・

3min2.jpg
上蓋を外す。

3min3.jpg
目標に、少量のケイグの吹きつけ、およびフキフキ。
もう一度、モード・スイッチをグリグリ。

蓋を閉めて出来上がり。さあ試して・・・。
  1. 2011/04/10(日) 12:29:30|
  2. UREI
  3. | コメント:0

DAVID GORDON TRIO / Undiminished


高域用のJBL/UREI6260のレベル調整した。
音が弱くならないところのボリュームを選択し、後はチャンデバで微調整。
やはり、下から上までの音の強さが均一化された感じになる。

聞いたのは、デビッド・ゴードン・トリオ。
あちらこちらを捜しまわり、やっとイギリスで見つけた。
ベースの音が、キリリと締まって気持ちよい。
  1. 2011/04/09(土) 15:31:07|
  2. JBL AMP
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kenplin

Author:kenplin
JBL4520BK〇
JBL130A〇
JBL537-500
JBL2395
JBLHL90〇
JBL2309/2310
JBL375〇
JBL075〇
GATES CB500〇
UREI 1122
SHURE SE22
AMPEX AM-10
KRELL KSL〇
NEUMANN V457ST
NEUMANN W444A
NEUMANN V472-2
NEUMANN V475-2
STUDER A730〇
UREI 525
JBL/UREI 6290 6260 6230〇
JBL/UREI 6215〇
DBX DriveRack260〇

カテゴリ

オーディオ (577)
JBL SP (112)
JBL AMP (65)
STUDER (45)
NEUMANN (58)
UREI (39)
AMPEX AM-10 (39)
その他オーディオ (219)
音楽 (849)
ジャズ (376)
クラシック (163)
名録音106、嶋護の一枚 & TAS LIST (131)
STEREO RECORDS (27)
近所のSさん (14)
中島みゆき (11)
その他音楽 (127)
その他 (117)
未分類 (0)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。