kenplin box

音楽とオーディオ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

修理完了

am-10再
STUDER962と一緒に帰ってきたAMPEX AM-10。
しばらくSTUDERにかかりっきりであったが、やはり電源関係が不調なので、
AMPEXの登場となった。

ノイズ多い。
でも、音が良い。

スポンサーサイト
  1. 2013/01/27(日) 18:13:08|
  2. AMPEX AM-10
  3. | コメント:0

STUDER962修理完了

Studer962修理
N音響に修理をお願いしていたSTUDER962ミキサーが帰ってきた。
ほとんどのモジュールを点検したようで、
長年の放送局の酷使で、スライダーボリュームのネジが多数外れていたようだ。
トランスのうなり音は、少し小さくなった。

このミキサーは、かなりの重さ。
1階から4階まで、一人で階段を一段ずつ上げるという苦労であった。
これも音のためとがんばったが、いつまで体がついてくることであろうか。

音は、さすが多くの録音に使われているミキサー。
以前より一音一音の鮮明度が増している。

  1. 2013/01/19(土) 12:51:49|
  2. STUDER
  3. | コメント:0

Electro Voice EX24

EX24の1
エレクトロボイスのチャンネルデバイダーEX24が到着した。
安価なモデルだが、CDホーン(バイラジアルホーン)用の高域補正イコライジング機能がついている。


EX24の2
そして、いきなり内部を覗く。
目的は、電圧設定部分。
この機器は、120Vに設定されているようだ。

EX24の3
システムに入れて視聴。

お目当ての高域EQを入れると、中域の元気がなくなる。
どうやら、EQを入れることにより、高域をそのままに中域を抑えて、音のバランスをとっているようだ。

  1. 2013/01/17(木) 06:55:17|
  2. その他オーディオ
  3. | コメント:0

The Compositions Of Tadd Dameron

明日からの出勤に向けて、体を動かすために、
日本橋散歩。

五階百貨店の中のレコードやさんで、
いつもの愛想の良いにいちゃんが
新着中古盤を出してくれた。

折角なので、1枚買ってきたのが、これ。


dameron2.jpg
タッド・ダメロンの曲を、当時のリヴァーサイド所属ミュージシャンが演奏しているレコード。

躍動感のあるビル・エヴァンスもまあまあであるが、
一番良かったのがジョニー・グリフィンのサックス演奏だ。
  1. 2013/01/14(月) 21:32:06|
  2. ジャズ
  3. | コメント:1

Empyrean Isles


empyrean2.jpg
やっと買えたハンコックの「エンピリアン・アイルズ」

NYラベルではなくて、Libertyラベルだけれども、
なかなか良い。
「あばたもえくぼ」
好きなハンコックだからねぇー。

  1. 2013/01/12(土) 13:31:01|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

JBL ASC24


本日ヨハネスさんがお越しになった。
手に提げてこられたのが、これ。
JBL ASC24という代物で、初めてお目にかかる機械だ。

ヨハネスさんの説明によれば、丁度JBLがデジチャンを出したころに、
発売されたアナログ・コントローラー(チャンデバ)で、
JBLがバイラジアルホーンに移行後の時期なので、高域補正がなされているらしい。
まあ、でもいろいろなものをチェックされてますなぁと感心しきり。

早速、接続して音だし・・・。

音出ない・・・。

・・・・・・・。

・・・・・・・。

「あっ、ごめんミュートしてたぁー。」
って、、ヨハネスさぁーん。

で、めでたく音出し。
早速、同時にお持ちになったアナライザーで、ウーファーの帯域チェック。
800~1KHzで切られているようだ。

そして、中高域の音出し。
同じくアナライザーでチェックすると、10KHz以上もきっちり出ている。

その後は、いろいろなジャンルの音楽をおかけしたが、
意地悪的にかけたヴァイオリンの音が、キツイ寸前で再生できたのが素晴らしかった。

ヨハネスさんの帰られたあとネットで調べると、
クロスは1KHz、-24db/oct、
そして、JBL 4890等のバイラジアルホーンを使ったフット・モニター等のスピーカーに使われるものと判明した。
ヨハネスさん、ありがとうございました。
しばらく、遊ばせていただきます。

  1. 2013/01/03(木) 22:12:08|
  2. JBL AMP
  3. | コメント:3

ステレオサウンド91号

ステサン91の1
ステサン91の2
初めてごんた会長のところへお邪魔した時に、リスニングルームにこのステレオサウンド91号が置かれてあった。
やはり、JBLのシアターシステムの記事を何度も読み返されているのだろうなぁと思った。

先日も、ごんた会長とお会いした時に、
1989年当時(今から23年ほど前)こんなシステムを持てるとは思っていなかったと話されていた。
(今は、いっぱい倉庫に眠っていますがなぁと、つっこみを入れたが・・・)

私にしても、あの時にでっかい2360ホーンが自分のシステムに入るとは思っていなかったが、
入ってしまった・・(-_-)ゞ゛ウーム

さて、バイラジアルホーンは、再生帯域内の音を一定の角度で拡散できることを目的にしたもの。
そのため、高域不足に陥るので、
チャンデバやネットワークでは、高域ブースト機能が必要とされる。

そんなことで、将来は、ツイーターをつけるか、バイラジアルホーン用のチャンデバを考えるべきか。
  1. 2013/01/02(水) 17:55:25|
  2. JBL SP
  3. | コメント:0

経験値を上げよう 最終回

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。




正月から、いきなり2360ホーンの組み立て。
奥行が思った以上にあって、かなり不安。





2360最後2
妻の手を借りて、何とか4520BKの上に乗せた。

ドライバーの2450Hが8Ωということで、なかなか元気が良い。
こりゃぁ、これから調整が大変だ。


  1. 2013/01/01(火) 17:23:24|
  2. JBL SP
  3. | コメント:12

プロフィール

kenplin

Author:kenplin
JBL4520BK〇
JBL130A〇
JBL537-500
JBL2395
JBLHL90〇
JBL2309/2310
JBL375〇
JBL075〇
GATES CB500〇
UREI 1122
SHURE SE22
AMPEX AM-10
KRELL KSL〇
NEUMANN V457ST
NEUMANN W444A
NEUMANN V472-2
NEUMANN V475-2
STUDER A730〇
UREI 525
JBL/UREI 6290 6260 6230〇
JBL/UREI 6215〇
DBX DriveRack260〇

カテゴリ

オーディオ (577)
JBL SP (112)
JBL AMP (65)
STUDER (45)
NEUMANN (58)
UREI (39)
AMPEX AM-10 (39)
その他オーディオ (219)
音楽 (849)
ジャズ (376)
クラシック (163)
名録音106、嶋護の一枚 & TAS LIST (131)
STEREO RECORDS (27)
近所のSさん (14)
中島みゆき (11)
その他音楽 (127)
その他 (117)
未分類 (0)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。