kenplin box

音楽とオーディオ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聞いてみた

200V石
音に関しては、すこぶる好調な200V用ステップダウン&アイソレーション・トランス。
しかし、スイッチを切った状態でも、熱いというのではないが、ほんのり暖かくなる。

で、販売会社に聞いてみた。
そして分ったのが、スイッチを切った状態でもトランスの寿命を延ばすため、
一次側トランスには常時通電をしていることから、
暖かくなって当然とのことであった。

トランス下に御影石を敷いて、
これでより安心して、いい音を聞き続けられる。



スポンサーサイト
  1. 2013/04/24(水) 07:04:26|
  2. その他オーディオ
  3. | コメント:0

RE:200V


今日は電気工事業者が、前回できなかった200Vのコンセント取り付け工事のリベンジ。
道具の準備(コンクリートの貫通)があったので、難なく出来上がった。

ヨハネスさんにお借りしているステップ・ダウン・トランスを使わせてもらって、通電。

いきなり、勢いのある音に変身した。

うなり、発熱は全然ありません。



  1. 2013/04/20(土) 18:43:10|
  2. その他オーディオ
  3. | コメント:2

The Best Of FOURPLAY


これも元町高架下で買ってきたCD。
もともと音の良いフォープレイのベスト盤なので、ノイマンの調子が出てきて、
すごい音になっている。

  1. 2013/04/15(月) 19:46:30|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

Walk Alone / Makoto Ozone


〈ウォーク・アローン〉、小曽根真の作曲した好きな曲である。
しかし、ご本人の演奏でなく、エディ・ヒギンスのヴィーナス盤で知ったもの。
ヒギンスのアルバムを聞くときは、必ずこの曲を流す。

それで、ご本人の演奏を探してみたら、なんとストリングス入り。
これで購入を尻込みしていたのだが、
昨日、神戸で仕事をした後、高架下の中古屋さんで見つけてしまった。

弦入りを危惧していたが、なんと素晴らしい出来上がり、音もいい。
これで〈ウォーク・アローン〉入りのお気に入りCDが2枚になった。
  1. 2013/04/15(月) 06:59:58|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

日課

帰宅して、一番に入れるスイッチなんでしょう。来る日も来る日も毎日・・ETA。

neumannETA.jpg
ノイマンのシステムは、どうも寝起きが悪い。
日課として、帰宅したらすぐにETAのスイッチを入れ、それから食事の時間だ。
  1. 2013/04/09(火) 21:22:03|
  2. NEUMANN
  3. | コメント:0

声が違う!


昨日、中域の密度を増すために、JBL2450ドライバーのアンプを、
JBL/UREI6260に付け替えた。
ちょこっと、チャンデバの設定をいじった時に、
ヨハネスさんからお誘いの電話が。

これ幸いと、ステレオ部屋へお誘いして、色々なCDを聞いていただいた。
ところが、、、中島美嘉のCDを鳴らした時に不思議な顔をされた。

「声が違う!」

こちらは、訳が分からず、6260アンプの音が太いからでしょうと説明したが、

「こんな綺麗な声でなく、もっとかすれている」と

うぅーん、調整不足かぁーと思ったが、出てきたものはしょうがない。

で、帰られた後、チャンデバのボリュームを、あちこち最適値を探して回したのは言うまでもない。

  1. 2013/04/08(月) 19:26:37|
  2. JBL AMP
  3. | コメント:2

ETAパワー・ディストリビューター


ETAパワー・ディストリビューターが届いた。
ノイマンの電源の入り切りを任せるためだ。

音の勢いは少し減るが、便利だからしょうがない。


  1. 2013/04/07(日) 21:09:46|
  2. その他オーディオ
  3. | コメント:0

ノイマン組合せ

ノイマンのフェーダーとアンプの組合せを探ってみよう。

初めはW444Aフェーダーのみの音を聞く。
やはり単独でも低域の分解能が素晴らしい。
JBL130Aウーファーがとってもよく歌う。

V472-2多目的アンプ⇒W444Aフェーダー
IC化されたV472-2は、中域に少し癖が出る。

W444Aフェーダー⇒V475-2Aサミング・アンプ
低域に量感が加わり、これで決まりという音になる。

V472-2多目的アンプ⇒W444Aフェーダー⇒V475-2Aサミング・アンプ
V472-2の嫌な癖が消えて、なかなかの音になる。
エージングも兼ねて、しばらくこの体制で行ってみよう。


neumannthree2.jpg
で、後ろのパッチベイの配線は、こんな風になっている。

  1. 2013/04/06(土) 21:23:58|
  2. NEUMANN
  3. | コメント:0

ノイマン!

ひこさんに、配線は言うに及ばず、木材の発注・加工、コンデンサーや抵抗の購入までお世話になって完成したノイマン・システム。
ひこさん本当にありがとうございました。


内訳は

ノイマンV472-2多目的アンプ
後期製造のもので、箱形のオペアンプがついていない。なんか、さびしい。


neumannset3.jpg
V475-2Aサミング・アンプ
コンデンサー2個がリキャップされている。


neumannset4.jpg
遊び心満載のパッチベイ。
W444Aフェーダー、V472-2とV475Aが色々順番を入れ替えられる。
写真は、フェーダーのみの配線。
これだけでも、相当音が良い。


neumannset6.jpg
ノイマン・システムでかけた最初のCDは、ジャニス・ジョプリン。
Move Overが鳴り響いた。

  1. 2013/04/05(金) 22:42:34|
  2. NEUMANN
  3. | コメント:2

じゃじゃーん


Wiring and housing by hikosan.
  1. 2013/04/05(金) 06:46:38|
  2. NEUMANN
  3. | コメント:0

プロフィール

kenplin

Author:kenplin
JBL4520BK〇
JBL130A〇
JBL537-500
JBL2395
JBLHL90〇
JBL2309/2310
JBL375〇
JBL075〇
GATES CB500〇
UREI 1122
SHURE SE22
AMPEX AM-10
KRELL KSL〇
NEUMANN V457ST
NEUMANN W444A
NEUMANN V472-2
NEUMANN V475-2
STUDER A730〇
UREI 525
JBL/UREI 6290 6260 6230〇
JBL/UREI 6215〇
DBX DriveRack260〇

カテゴリ

オーディオ (577)
JBL SP (112)
JBL AMP (65)
STUDER (45)
NEUMANN (58)
UREI (39)
AMPEX AM-10 (39)
その他オーディオ (219)
音楽 (849)
ジャズ (376)
クラシック (163)
名録音106、嶋護の一枚 & TAS LIST (131)
STEREO RECORDS (27)
近所のSさん (14)
中島みゆき (11)
その他音楽 (127)
その他 (117)
未分類 (0)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。