kenplin box

音楽とオーディオ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

800Hzクロス


昨日から、ウーファーとドライバーのクロスを上げて、
800Hzにしている。

ドライバーの受け持ち帯域に余裕があるのか、音が綺麗に伸びる。
ただし、ウーファーとの繋がりは、まだ納得できる状態ではない。


800hz2.jpg
最近見つけてきたコンテンポラリーのOJC盤を聴く。

「WAY OUT WEST」は定評のある音の良いCDだが、
レッド・ミッチェルは、初めて聴く。
録音はオーバー・レベル気味だが、迫力のある音がする。

ヴァン・ゲルダーよりロイ・デュナンの録音の方が好きなので、
どうしてもコンテンポラリー・レーベルを集めてしまうこととなっている。








スポンサーサイト
  1. 2013/11/29(金) 06:11:28|
  2. JBL SP
  3. | コメント:0

2つのサキコロ


ロリンズのサキコロ・OJC盤を集めてみた。

一方はアメリカ製、もう一方はドイツ製。
リマスターされた元データは一緒だろうが、なぜか音が違う。

アメリカ製がダイナミックな音なのに対して、ドイツ製は端正な音。
OJCのジャズ盤は、やはりアメリカ製かな。


  1. 2013/11/28(木) 06:17:08|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

MERCURY LIVING PRESENCE CD


昨日は、日曜日に出勤していたので、振り替え休日。
現在の陣容で、さて何を聴こうか・・・。

mercury2.jpg
STEREO SOUND 145号で嶋氏が記載されていた、
DECCA、EMI、RCA、MERCURYレーベルの推奨CDの中から、
MERCURYのCDを出してきて聴き始める。

我が家のステレオでは、4レーベルの中で一番MERCURYが「聴いた」という感じを抱かせる。


  1. 2013/11/27(水) 06:20:07|
  2. 名録音106、嶋護の一枚 & TAS LIST
  3. | コメント:0

NEUMANN V457ST


T2701コネクターの主となるものが、このノイマンV457ST。
アンバランス機器(-10dB)をバランス機器(+4dB)に接続するときに、
レベルを合わせてくれるモジュールということだ。

この機能については、STUDER A730CDプレーヤーやSHURE SE22フォノイコが、
トランスを利用したバランス接続になっているため必要はない。

ただし、もう一つ重要な役目があって、
そこが欲しかったのだが、、

フォノイコライザーを積んでいることだ。

ノイマンコンソール等に積まれていたこのイコライザー機能は、
はたしてどんな音を奏でるのであろうか。


  1. 2013/11/26(火) 06:48:26|
  2. NEUMANN
  3. | コメント:2

「主なし」にならなくって・・・


ノイマンのフェーダー等に使うコネクターT2701が到着した。
アンフェノール社の新品をeayで見たことがあるが、
ほとんどはコンソール等から取り外された中古を使用する。

なぜ、これが必要になったのかというと、ちょっと時間を遡らなければならない。

11月の初めにドイツのebayを覗いていたら、欲しい「あるもの」があった。
出品は2個がセットになっていたもので、1個でステレオ再生ができるため、

2個は必要ないと思ったが、なににせよ希少なもので、
かなり高額の入札をし、安心して結果を待った。

その「あるもの」の入札は早めにしたので、必要となるコネクターも入手しておこうと、
BUY IT NOW分を2個買っておいた。

しかぁーし、2個セットの「あるもの」は、もっと欲しい気持ちの上回った人が、
終了間際にさらっていった。

このコネクターは無駄になったなと思いながら、しばらくしてまたドイツebayを覗くと、
同じ売り手から、今度は1個の出品があった。

今度は逃さないぞとの気持ちで、もっと高額を入札したら、
1個分としては前回の3分の2程の値段で落札できた。

「あるもの」は、カッティングレースやコンソールで使われる、
簡易なフォノイコが付いているアンプだ。

いやぁー、主なしのコネクターにならなくて、よかったぁー。


  1. 2013/11/25(月) 06:20:50|
  2. NEUMANN
  3. | コメント:0

繋ぎ換え


見つけてきた、リロイ・ヴィネガーの「リロイ・ウォークス!」OJC盤。
これを使って、色々ノイマンアンプとフェーダーの接続を試してみた。

V472-2アンプ(sub)→W444Aフェーダー
V472-2→W444A→V475-2アンプ
W444A→V472-2(sub)
W444A→V475-2

一番ヴィネガーのウォーキング・ベースの低音が広がるのは、
初めの組合せが良かった。

サミング・アンプは、ディスクリート仕様のV475を、探して試してみたい。





  1. 2013/11/24(日) 07:05:57|
  2. NEUMANN
  3. | コメント:0

RAH / MARK MURPHY RLP9395


RAH2.jpg
安かった($10)のでポチッとしてしまった、
マーク・マーフィーの「ラー」

リヴァーサイドの黒ラベルでディープグルーブ。
悪くない買い物だと思うが、
レコードに傷はないのに、ノイズが多い。

素性は良さそうなので、また掃除して聴きなおそう。
大好きな曲、ANGEL EYESがトップに入っているしね。



  1. 2013/11/23(土) 16:23:59|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

OJC EVANS編


エヴァンス・ラファロ・モチアンのトリオのOJC盤を集めてみた。
「SUNDAY AT THE VILLAGE VANGUARD」のみが、20ビットのドイツ盤となってしまった。

このCDは、嶋氏が指摘されているように、楽器が中央に集まる。
別テイクについては、本来の位置に戻るようだが・・・。

ojcevans2.jpg
で、オリジナル・ステレオのレコードで検証。
やっぱり、CDの音源は中央に寄っている。


ojcevans3.jpg
87年のコンプリート盤でも聞いてみるが、OJC盤はやっぱり変。

ラウドネス・ウォー(リマスター時に、音圧を高くする代わりに、ピークを削ったCDの横行)
に関係のない年代のもので比較してみたが、
でもまあ、同じ曲を何回も聞いて検証するのは、結構根気のいるものだ。


  1. 2013/11/22(金) 06:43:38|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

OJC CONTEMPORARY編

ステレオ装置は、聴き終わると大抵電源を切る。
そして、聴き始める前に電源を入れる。

そうすると、音がいつも違う。

今回の音は、重たい低音。


よし、こういう時は、コンテンポラリーのスコット・ラファロを聴こう!

この2枚のCDは、日本盤が発売されていない時に、どうしてもと買ったOJC盤。
今から思えば、ラッキーだった。

エヴァンスものも良いけれど、ウォーキング・ベースを弾くラファロもいいものだ。

  1. 2013/11/21(木) 06:43:03|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

囁きが聞こえる

囁き
6個のトランスより8個、8個のトランスより10個の方がええんじゃないかいと、
囁きが聞こえる。

で、やってみた。
先ずは8個
V472-2アンプ(sub)→V472-2アンプ→W444Aフェーダー→V475-2アンプ
帯域が狭くなったように感じるが、鳴っている音の密度がぎっしり詰まっている。

そして10個
V472-2アンプ(sub)→V472-2アンプ→W444Aフェーダー→V475-2Aアンプ→V475-2アンプ
使っているV475-2Aの性格なのか、帯域が少し広く聞こえ、その分密度が薄くなる。

結論としては、やっぱりやりすぎの感があり、

結局、
V472-2アンプ(sub)→W444Aフェーダー→V475-2アンプ
に戻し、少し抜けの良い音にした。

  1. 2013/11/20(水) 06:38:19|
  2. NEUMANN
  3. | コメント:0

また、見っけ!


undercu2.jpg
嶋氏が以前のSTEREO SOUNDで紹介されていた、
エヴァンス・ホールの「アンダーカレント」のCD(CP32-5187)が見つかった。

当時3200円もしていた。

でも推奨されたものが、棚にあるのが嬉しい。

undercu3.jpg
CD発売当時は価格が高くって、なかなか買えなかったが、
まだ、お宝が眠っているかもね。

  1. 2013/11/19(火) 06:55:16|
  2. 名録音106、嶋護の一枚 & TAS LIST
  3. | コメント:0

OJC RIVERSIDE編


ひこさんに作っていただいた、ノイマンコンソールの続編は、
V475-2サミングアンプの音が、素晴らしい。

しかし、一緒に配線いただいた後期IC採用のV472-2多目的アンプは、音が軽い。
よって、予備のOA20付のV472-2に変更した。

やっぱりこれでないとね。

現在、V472-2(sub)→W444フェーダー→V475-2の接続。
入出力両方のトランスを合わせて6個に信号が通っている状態だ。

まだ、4個通す余地がある、エヘヘ。

ojcriver2.jpg
聴いたのが、嶋氏が評価されているリヴァーサイド・レーベルからのOJCのCD。
モンクが、クラーク・テリーとフィリー・ジョージョーンズが、
チェット・ベーカーとペッパー・アダムスが、
いやぁー、自然なええ音してまっせー。


  1. 2013/11/18(月) 16:39:55|
  2. 名録音106、嶋護の一枚 & TAS LIST
  3. | コメント:0

序二段、もとい三段目


今日、ひこさんの製作いただいた、ノイマンコンソールの三段目を引き取ってきた。
ひこさん、いつもお世話になりっぱなしで、ありがとうございます。

さて一番期待していた、TELEFUNKENN V372/1Dカードは、
なんと片チャンネルが鳴らないという不良品であったため、
ひこさん病院で入院加療のこととなってしまった。

ひこさん、すいません、よろしくお願いいたします。

でも、今回の三段目には、他にも期待するものがあって、
先ず、内部の配線を、
ノイマン・カッティング・レース関連のコンソールSP272から流用いただいたこと。
抵抗は、DALEを使っていただいたこと。

それと、ノイマンV475-2の後ろにアルファベットの付いていない、
サミングアンプを使えるようにしていただいたこと。



thirdcon2.jpg
で、、、重ねてみた。

後ろのパッチベイで、V475-2Aの配線を外し、
V475-2へ。

オペアンプ付の後期(?)V475-2であるが、
中低域ががっしりして、音が生き生きとしてくる。

サミングアンプは、V475-2Aには戻れないくらいに良い。

ひこさん、本当にありがとうございました。


  1. 2013/11/17(日) 18:22:30|
  2. NEUMANN
  3. | コメント:2

PURE ACOUSTIC / 大貫 妙子


学生時代の友人が、いつも聞いているという大貫 妙子。
さて、聞きたいのだけれど、どのアルバムから始めたらよいのか迷っていた。

そうしているうちに、今季STEREO SOUNDの試聴CDの中に、彼女のアルバムを見つけた。
アルバム名は「PURE ACOUSTIC」、あっちこっち探していて、
神戸元町高架下の中古ショップで見つけた。

内容は、従来の曲を主に弦楽器をバックに、再録音したもの。
彼女の透き通った声と、弦の響きが良く合う。

  1. 2013/11/16(土) 18:47:10|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

ART PEPPER AT THE VILLAGE VANGUARD


前から聴きたいと思っていた、アート・ペッパーのヴァンガード・ライブ。
中古屋さんでOJC盤を、4枚揃っていたので買ってきた。ちょっぴり、おとな、、、。

1977年7月の木・金・土曜日にニューヨークのヴィレッジ・ヴァンガードで行われたライブの録音。
メンバーは、他にジョージ・ケイプルス(p)、ジョージ・ムラーツ(b)、エルヴィン・ジョーンズ(ds)だ。

ペッパーの演奏は、流れるようなアドリブの前期と比べて、
より攻撃的とでもいうような演奏になっている。

お目当ては、エルヴィン・ジョーンズのブラシとシンバル。
ライブでより活躍するかと思っていたが、少しオフ気味に聴こえる。

チャンデバの調整をし直したが、どうも現状では期待ほどの音が出ない。


  1. 2013/11/15(金) 07:36:39|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

RAH / MARK MURPHY


ビル・エヴァンスが参加していることで、
前から気になっていたマーク・マーフィー「ラー」OJC盤を見つけた。

現在、ホンダの車のCMで流れている、
マイケル・ブーブレのようなシャウトする歌い方で、
結構気に入った。

これは、レコードでも入手しないといけないだろう。

と、、、バーゲンになっていた黒BGPをebayで、ポチッとやってしまった。




  1. 2013/11/14(木) 06:42:04|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

ブルックナー交響曲第9番


「嶋護の一枚」からスタニスワフ・スクロヴァチェフスキ指揮 ミネソタ管弦楽団の
ブルックナー交響曲第9番

今まで、ブルックナーといえば交響曲第4番のロマンティックばかりが集まってきて、
他の曲を聴いたことがなかった。

曲の表現や演奏の良し悪しはわからないが、楽器の採音の良さは素晴らしい。


bruckner9の2
以前に、ヨハネスさんから、REFERENCE RECORDINGSのCDを2枚いただいている。

大植英次指揮のコープランドとバーンスタイン。
こちらで洗礼を受けているので、REFERENCE RECORDINGSの音の良さは十分わかっているつもりだが、

また、他のCD買いたい衝動に駆られている。
  1. 2013/11/13(水) 06:49:00|
  2. 名録音106、嶋護の一枚 & TAS LIST
  3. | コメント:0

MAKIN' WHOOPEE KING/BLUIETT TRIO


「嶋護の一枚」で気になる紹介を見つけた。
・・・優秀録音「メイキン・フービー」(ただし、おそろしい再生側の性能を要求する)

こんな言葉を見つけると、恐ろしモノ聴きたさに、
残1枚というアマゾンのこのCDを、ポチッと押してしまった。

リード楽器を担当するHamiet Bluiettという人は、
バリトンサックスとコントラバスクラリネットを演奏する。

ギターの低弦の音の広がりや、低音金管楽器の音が気持ち良いのだが、
????
まだ再生に欠如しているところがあるのだろうか。
ふぅーむ。



whoopee2.jpg
一緒に来たOJC盤で、好きなドルフィーのバスクラリネットを聴く。

低音金管楽器大会、いいですねぇ。

  1. 2013/11/12(火) 06:41:30|
  2. 名録音106、嶋護の一枚 & TAS LIST
  3. | コメント:0

ドイツプレスを聴く4


gema10_201311101834122cc.jpg
今回は、バルビローリのマーラー交響曲第6番。
上がドイツプレス初期盤で、下がUKサード・プレスになるセット物。

バルビローリのマーラー6番は、
UKオリジナルはセミ・サークル盤、セカンドはファースト・カラード・スタンプとなり、
このセット物は、サードとなるブラック/ホワイト・スタンプだ。

比較してみたら、音の厚みが全然違う。
ドイツプレスの圧勝である。

版落ちのUK盤ならば、初期ドイツプレスを選んだ方が良策のようだ。

  1. 2013/11/11(月) 07:22:24|
  2. クラシック
  3. | コメント:0

展覧会の絵/ギュンター・ヴァンド指揮 北ドイツ放送交響楽団


「嶋護の一枚」からギュンター・ヴァンドのムソルグスキー「展覧会の絵」

おなじみのダイナミックな音になる〈ババ・ヤーガ)から聴き始める。
準備して聴くから、あまり驚かなかったが、音はぶ厚い。

そして、初めの(プロムナード)から聴き始める。
次の〈こびと)でやられた!

音の立ち上がりが良く、量感のあるグランカッサで恐怖を感じて、
次の一撃に身構えた。

この大太鼓は、心臓に悪い。


  1. 2013/11/10(日) 08:53:21|
  2. 名録音106、嶋護の一枚 & TAS LIST
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kenplin

Author:kenplin
JBL4520BK〇
JBL130A〇
JBL537-500
JBL2395
JBLHL90〇
JBL2309/2310
JBL375〇
JBL075〇
GATES CB500〇
UREI 1122
SHURE SE22
AMPEX AM-10
KRELL KSL〇
NEUMANN V457ST
NEUMANN W444A
NEUMANN V472-2
NEUMANN V475-2
STUDER A730〇
UREI 525
JBL/UREI 6290 6260 6230〇
JBL/UREI 6215〇
DBX DriveRack260〇

カテゴリ

オーディオ (577)
JBL SP (112)
JBL AMP (65)
STUDER (45)
NEUMANN (58)
UREI (39)
AMPEX AM-10 (39)
その他オーディオ (219)
音楽 (849)
ジャズ (376)
クラシック (163)
名録音106、嶋護の一枚 & TAS LIST (131)
STEREO RECORDS (27)
近所のSさん (14)
中島みゆき (11)
その他音楽 (127)
その他 (117)
未分類 (0)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。