kenplin box

音楽とオーディオ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たった2mm

2mmの1
「ちあきなおみ」を聞いていたら、どうも声が不明瞭に感じた。
そして、537-500ホーンをちょっと前にずらす。


2mmの2
たった2mmの違いで、自分の耳にはかなり変化したように思う。
また、入替でもした時に、同じポジションに戻せるだろうか。




スポンサーサイト
  1. 2015/01/31(土) 23:28:44|
  2. JBL SP
  3. | コメント:0

また、重ね買い

I'm
以前から探していた
クルセイダーズの「ラプソディ・アンド・ブルース」のCDを見つけた。
このCD(32XD-419)も値段の高かった頃のもので、なかなか音が良い。
それならばと、お気に入りのフュージョン系のCDを探し始めた。


fusion2.jpg
届いたのが、
グローヴァー・ワシントンJr.の「ワインライト」(32XD-368)と、
クインシー・ジョーンズの「愛のコリーダ」(38XB-1)。
前者は〈Just The Two Of Us〉、後者は〈Just Once〉が聴きたいためであるが・・・。
作られたダイナミックさがなくて、良い感じ。

クインシー盤は、プリエンファシス仕様で、CDの製造はソニーになっている。


  1. 2015/01/30(金) 21:28:35|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

上から五つ目

5穴1
JBLの金属大型ホーンのドライバー側の足2505。
6個の穴が開いていて、高さ調整できるようになっている。


5穴2
以前使っていたJBL2395ホーンは、使うのが2505の上から四つ目の穴だった。
写真は、ステレオサウンドに掲載されていたベイシーのドライバー部分。
やはり、四つ目だ。


5穴3
現在使用しているJBL537-500ホーンも、上から四つ目の穴が正式のものだと思っていた。
この穴を利用すると、ホーンは下向きかげんとなる。




5穴4
昨夜、風呂から上がって、ふと思いついていきなり上から五つ目の穴に変更。
完了は午前2時。

完全に体は冷え切ってしまったが、安心して床に入った。



起きてから聴くと、ダンゴ気味になっていた音が綺麗に分離する。
これは大成功だ。


  1. 2015/01/25(日) 17:57:15|
  2. JBL SP
  3. | コメント:0

文楽鑑賞


bunraku2.jpg
今日の会社懇親会は、国立文楽劇場での文楽鑑賞。

演目は
花競四季寿
彦山権現誓助剣
義経千本桜

11時から15時過ぎまでの長丁場。
腰は痛くならなかったが、膝が駄目であった。





  1. 2015/01/24(土) 17:12:56|
  2. その他
  3. | コメント:0

業務連絡2360

2506C3.jpg
15mmの2

組み立ては前から
ホーン→スロート→スタンド
スタンドの中間にあるスリットの中のネジを締めると、角度が固定される。
ガンバ!




  1. 2015/01/23(金) 19:17:32|
  2. JBL SP
  3. | コメント:2

クロス・ケーブル

ヨハネスさんより、位相反転等をするのは、
機械ではなくケーブルで実施した方が良いとアドバイスを受けた。


チャンデバで使っているDBX DRIVERACK260は2番ホット。
JBL/UREI62**アンプ群は3番ホット。
通常ケーブルを使って接続し、 DRIVERACK260の位相補正で逆相にしていた。

cablecross.jpg
で、、、ケーブルを新調した。


3セット全てが入力側ホット2番から出力側3番のクロス・ケーブル。

ちょっとしか聞いていないが、なかなか良い。
位相反転はケーブルで!


  1. 2015/01/13(火) 21:20:00|
  2. JBL AMP
  3. | コメント:0

HL88の出力音圧レベル

HL88の1
HL88の2
出原真澄著「マルチアンプシステム」に、
JBL HL88ホーンの出力音圧レベル表が載っている。

かなりデコボコの特性で、低音側の頑張りも少ない。
30°の特性で、3~4KHzに谷があるのが、
聴きやすさにつながっているように思われる。

高域側もだら下がりだが、
JBL075トゥイーターのクロスを7KHzにすると、どうも繋がりが悪い。
  1. 2015/01/12(月) 16:43:08|
  2. JBL SP
  3. | コメント:0

Seiko Plaza


今、嶋護氏が監修した松田聖子の初期アルバムのリマスターSACDが好調のようである。

先日、西宮に行ったついでにHard Offに寄ってきた。
他のCD狙いだったが、初期松田聖子のベスト盤「Seiko Plaza」が見つかった。

早速に再生してみると、聞き馴染んだ声があまりにも違う。
えらいこっちゃーと、チャンデバをいじりまわして、ようやく聞けるところまできた。

現在は、低・中・高のクロス方式は、ベッセルの-24dB/oct。
クロス周波数は、500Hzと7.75KHzだ。


  1. 2015/01/11(日) 15:33:13|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

DriveRack260 Firmware Update

ドライブラック260のファームウェアが現在1.600まで発表されているのに、
所有の機械のものは、1.020と古い。
通常、円滑に動いていれば、ファーム・アップなど必要ないのだが、
あまりにも古いので、ここは一念発起して、実行してみた。
ファーム・アップの難点としては、今まで設定した値がすべて初期化される可能性があることで、
時間の余裕のあるときでないとねぇ。



最新ファームウェア(1.600)をダウンロード。


firm2.jpg
ダブルクリックして、インストール。


firm3.jpg
firm4.jpg
firm5.jpg
’NEXT'を押していけば自然に進む。
インストール場所は、既定のProgram File内とした。

firm6.jpg
説明ファイルも一緒に解凍される。
ファームウェア1.000のみ設定値が初期化され、他のヴァージョンでは継続されるようだ。
助かったぁー。

本体も起動時に’PREV PG'を押して受け入れ態勢も完了。

が、、しかし、、ここでトラブル発生。
操作用パソコンはRS232C端子がないので、
USBへの変換ケーブルを使っているが、本体との通信ができない。
DriveWareは操作できるのに、ファームウェア関係は無理なようだ。








firm7.jpg
それならばと持ち出したのが、VersaProパソコン。
このNECのビジネス用のパソコンは、RS232C端子を持っている。
何のためにこんな端子を残しているのかはわからないが、
ありがたいことに、すんなり認識しファーム・アップは完了した。

DriveRack起動時に。1.600と数字が出るのが誇らしくていいねぇー。




  1. 2015/01/02(金) 00:52:49|
  2. その他オーディオ
  3. | コメント:1

年の初めから・・・

ベイマックス
年の初めから、「ベイマックス」をなんばパークスシネマで鑑賞。
小さな上映館であったが、〈TOHOシネマズ なんば〉より音は良かった。
そして、歩いて行けるのが良いねぇ。



今年もよろしくお願いいたします。
  1. 2015/01/01(木) 14:59:07|
  2. その他
  3. | コメント:0

プロフィール

kenplin

Author:kenplin
JBL4520BK〇
JBL130A〇
JBL537-500
JBL2395
JBLHL90〇
JBL2309/2310
JBL375〇
JBL075〇
GATES CB500〇
UREI 1122
SHURE SE22
AMPEX AM-10
KRELL KSL〇
NEUMANN V457ST
NEUMANN W444A
NEUMANN V472-2
NEUMANN V475-2
STUDER A730〇
UREI 525
JBL/UREI 6290 6260 6230〇
JBL/UREI 6215〇
DBX DriveRack260〇

カテゴリ

オーディオ (577)
JBL SP (112)
JBL AMP (65)
STUDER (45)
NEUMANN (58)
UREI (39)
AMPEX AM-10 (39)
その他オーディオ (219)
音楽 (849)
ジャズ (376)
クラシック (163)
名録音106、嶋護の一枚 & TAS LIST (131)
STEREO RECORDS (27)
近所のSさん (14)
中島みゆき (11)
その他音楽 (127)
その他 (117)
未分類 (0)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。