kenplin box

音楽とオーディオ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2段から3段へ

日本ダービー競走が終わった。
帰宅して真っ先に手を付けたのは、これ。


2段1
サミングアンプをV475-2Aに決めて、しばらく聞いていた。
これで十分という感じがしないわけでもないが、
前進(後退の方が多いが・・)あるのみ。



2段2

「A」有り無しで、配線が違うため、サミングアンプとしてV475-2を使いたいため、
3段に積み重ねた。

「A」の付かないV475-2の方が、芯のしっかりした音がするからね。
しばらく、色々なものを聞いてみよう。


スポンサーサイト
  1. 2015/05/31(日) 18:13:44|
  2. NEUMANN
  3. | コメント:0

マラソン・セッション

5月31日(日曜日)は、日本ダービー。
春のJRAの一大祭典だ。
梅田・阪急ターミナルのビッグマン前では、面白そうなイベントも実施されている。

当日は出勤なので、大人しくマイルスを聴こう!

マラソンS
集めていたOJCのPrinted in USAの印刷のある
マイルスのマラソンセッションのCDが集まった。

この当時の、マイルスのミュート・トランペットは心に沁みるねぇ。


  1. 2015/05/30(土) 07:38:37|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

STAR PEOPLE / MILES DAVIS 35DP55


復帰後のマイルス・デイヴィスのアルバムは、
ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン (1981)、 ウィ・ウォント・マイルス(1981)ときて、
このスター・ピープル (1983)は3作目になる。

日本橋の中古屋を歩いていて、初期CDを偶然見つけた。
なんと、860円。
こんなのがあるから、なかなか止められませんなぁ。

エレクトリック・マイルスに慣れてきたのか、すんなりと入っていける。
低音リズム・セクションがアル・フォスター(ds)にマーカス・ロバーツ(b)、
安心して聴けるもんね。
CDは勿論プリエンファシス仕様になっている。






  1. 2015/05/29(金) 08:28:45|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

LED ZEPPELIN Ⅰ~Ⅳ

レッド・ツェッペリンを聴きたくなって、アルバム「Ⅰ」から「Ⅳ」をCDで買ってみた。
全て輸入CDで揃えた。


zepp.jpg



さて、なにから聴き始めようか・・・。

やはり、昔よく聞いていた朝日放送ラジオの「ヤングリクエスト」内で、
良くかかっていた〈移民の歌〉が入っている「Ⅲ」からスタート。

そして、名曲〈天国への階段〉が入っている「Ⅳ」へ。
個人的には、「Ⅳ」が心地よい。

  1. 2015/05/28(木) 21:00:46|
  2. その他音楽
  3. | コメント:5

CARMEN McRAE / BOOK OF BALLADS


以前、Mさんのところで聞かせてもらった、
カーメン・マクレーの「ブック・オブ・バラード」。

バラードをアクを強くすることなく、丁寧に歌っている。
今のセッティングはボーカルを上手く聞かせるので、
より一層、良く聞こえる。


  1. 2015/05/27(水) 19:05:52|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

TOM TOM CLUB


CDでトーキング・ヘッズの「リメイン・イン・ライト」を入手して聴いていたら、
トム・トム・クラブを聴きたくなって手に入れた。

当時は、流行っていましたよね。



  1. 2015/05/24(日) 09:25:15|
  2. その他音楽
  3. | コメント:0

JBL/UREI6230アンプの修理その2

6230リレー2
現在片チャンネルで使っているJBL/UREI6230アンプの相方と考えていた
もう1台のアンプが修理から帰ってきた。

やはり、プロテクションリレーの交換だったようで、
これでリレーが新しくなったアンプ同士でペアを組める。

JBL/UREIのアンプは、ステレオ再生ではインピーダンス4Ωと8Ωの定格出力が書かれているが、
ブリッジ・モノでは、8Ωと16Ωになる。
ステレオ再生で16Ωは問題ないと思うのだが、
ブリッジモノにすると俄然JBL375ドライバーが良く歌う。

かなりのアンプの熱発散だが、これはやめられない。



  1. 2015/05/22(金) 21:20:31|
  2. JBL AMP
  3. | コメント:0

試聴CD


ステレオサウンドの試聴で使われているCDを購入してみた。

ダイド/セイフ・トリップ・ホームと
クインシー・ジョーンズ&サミー・ネスティコ・オーケストラ/ベイシー&ビヨンド

どちらのCDも低音が良く入っている。
最近、ウーファーの調子が良くって、低音が入ってくると嬉しくてしょうがない。

原因は、ウーファーを回転させたことによることなのか、
375ドライバーの倍音成分が上手く出るようになったのか、
Neumannをフェーダー(W444)とサミングアンプ(V475-2A)のみにしたことか、
何が原因かわからないが、、、多分全部が効いているんでしょうねぇ。



  1. 2015/05/20(水) 21:21:32|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

WE GET REQUESTS(プリーズ・リクエスト)J33J


音の良い「プリーズ・リクエスト」J33Jシリーズの3枚目CDをゲット。
1枚はJ33J25028でCDは日本製、残り2枚はJ33J50003でCDは今は無き西ドイツ製。



WEGET2.jpg
断然音の良いドイツ製が2枚揃ったのがうれしいね。

最近SPの調子が良いので、レイ・ブラウンのベースの音が部屋中に充満するのです。






  1. 2015/05/11(月) 17:50:22|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

遠方より

本日、遠方よりのお客様があった。

当家のステレオ部屋は六畳で、ご招待するのは心苦しくはあったのだけれど、
今日のお客さんは、なななんと、、、JBL4520BKとJBL375の元所有しておられた方だった。



朝、いつもより遅い9時に起床し、DRIVERACK260チャンデバと
STUDER A730 CDプレーヤーの電源を入れる。
ノイマンのコンソールは、昨晩から通電しっぱなし。

朝食を終え、10時からパワーアンプの電源を入れて、音を鳴らしてみる。
初めはパイプオルガン。
まずいなぁー、低音が軽い。

11時半まで、低音の良く入っているCDを回し、やっとお目覚め。
これで、まずまずは聞いていただけるであろう。





13時過ぎに、ご到着。
かなりのご経験を積んだご年配の方と思いきや、お若いですね。

現在使われているSPは、JBL C55BOX、JBL150-4ウーファー、537-509ホーンにオールド375ドライバー、
高域はJBL075トゥイーターをネットワーク仕様で鳴らされているとのこと。

回りにマルチアンプでJBLを鳴らされている方があまりおられないとのことで、
前述の機材のこともあるし、我が家に白羽の矢を立てられたそうである。

主に聞かれるのがCDということで、音の良いと思われるCDをかけながら、
JBLのスピーカー談義。

あっという間の3時間(お客様は退屈されたかもしれないが・・・)、
私は楽しく過ごさせていただいた。

お客様はJBLの潜在能力の高さを再認識され(我が家のJBLでも少しは参考にしていただいたようで)、
もう少しネットワークで頑張り、もしそれでもダメな場合はマルチアンプに進むことを決心されたようだ。



お話の中で、JBL4520BKは元「ジュリアナ東京」に設置されてたということを購入したショップから聞かれたようである。
そうであるとしたら、かなりの人数の美女を見て、目が肥えたスピーカーではある(笑)




遠方より












  1. 2015/05/09(土) 21:41:32|
  2. JBL SP
  3. | コメント:0

180°回転

180前
180後
5年ほど前に回転させたウーファー。
この休みの間に、180°回転させた。
これで、また何年かしたら回転させよう。
地球の重力に逆らっているもんね。


回転させたら、やはりリード線が下側になる方が、音が安定する。







  1. 2015/05/05(火) 19:17:02|
  2. JBL SP
  3. | コメント:0

E vs A

n457の1
フォノイコライザーに使っているのは、NEUMANN457ST。
もちろん、ドイツ製。

ヨーロッパのカートリッジが合うだろうと、
オルトフォンのVMS30mkⅡを使っていた。


n457の2
物は試しと、SHURE V15 TYPEⅢに付け替えて見た。


n457の3
n457の4
n457の5
ドカドカものを聞いてみたが、なかなかいける。


  1. 2015/05/03(日) 07:49:15|
  2. NEUMANN
  3. | コメント:0

keith Jarrett Standards CD


お気に入りのキース・ジャレット・トリオの初期CD(J33J****)を集めた。
なかなか、聞き直してみたら楽しめた。


J33Jkeith2.jpg
変わり種は、J33Jの5万番台。
こちらにもスタンダーズの「Vol.1」があるが、このライナーは日本語でCDはドイツ製。
日本製に比べて、綺麗な音に少し迫力が加わる。
これがマンフレート・アイヒャーの目指した音なのか。




  1. 2015/05/01(金) 12:34:52|
  2. ジャズ
  3. | コメント:0

プロフィール

kenplin

Author:kenplin
JBL4520BK〇
JBL130A〇
JBL537-500
JBL2395
JBLHL90〇
JBL2309/2310
JBL375〇
JBL075〇
GATES CB500〇
UREI 1122
SHURE SE22
AMPEX AM-10
KRELL KSL〇
NEUMANN V457ST
NEUMANN W444A
NEUMANN V472-2
NEUMANN V475-2
STUDER A730〇
UREI 525
JBL/UREI 6290 6260 6230〇
JBL/UREI 6215〇
DBX DriveRack260〇

カテゴリ

オーディオ (577)
JBL SP (112)
JBL AMP (65)
STUDER (45)
NEUMANN (58)
UREI (39)
AMPEX AM-10 (39)
その他オーディオ (219)
音楽 (849)
ジャズ (376)
クラシック (163)
名録音106、嶋護の一枚 & TAS LIST (131)
STEREO RECORDS (27)
近所のSさん (14)
中島みゆき (11)
その他音楽 (127)
その他 (117)
未分類 (0)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。