kenplin box

音楽とオーディオ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

JBL075 16Ωの音圧


先に、音圧調整のために修理に出す予定だったJBL075 16Ω。
あちこち問い合わせをしたが、修理は難しく、
他の個体を調達して、
音圧のあった者同士を組み合わせるしかないという結論に達した。
いやぁー、物入りなことです。


JBL075トゥイーターは長年作られているが、
初期型と後期では音が全然違う。
我が家でも、この16Ωに変えると低域までも影響を与え、
良い雰囲気になる。

実際、iphoneアプリのアナライザーで波形を測ってみると、
後期型との違いが顕著である。
初期型は高域に向かってなだらかな減衰の波形を作るのに対して、
後期型は15Khzにピークを作りその後減衰している。

JBL社のことだから、当時の音楽に必要な音質を確保するために変更しているのだろう。
このことから、現行の075用のダイヤフラムを古い個体に付け替えても、元の音には戻らない。
ネットで調べると、075のダイヤフラムは少なくとも2回のモデルチェンジがあるらしい。

この16Ωの音を捨てきれないので、音圧調整をチャンデバでとってみる。
幸いDriveRackは、0.1dB単位で調整ができる。
ピンクノイズを流して、左右のバランスをとる。
最終的には、3.2dBの差をつけて音圧がそろった。
でも、精神衛生上は良くない。












スポンサーサイト
  1. 2014/12/10(水) 06:50:08|
  2. JBL SP
  3. | コメント:0
<<重ね買い | ホーム | PETER GRIMES / BRITTEN>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kenplin

Author:kenplin
JBL4520BK〇
JBL130A〇
JBL537-500
JBL2395
JBLHL90〇
JBL2309/2310
JBL375〇
JBL075〇
GATES CB500〇
UREI 1122
SHURE SE22
AMPEX AM-10
KRELL KSL〇
NEUMANN V457ST
NEUMANN W444A
NEUMANN V472-2
NEUMANN V475-2
STUDER A730〇
UREI 525
JBL/UREI 6290 6260 6230〇
JBL/UREI 6215〇
DBX DriveRack260〇

カテゴリ

オーディオ (577)
JBL SP (112)
JBL AMP (65)
STUDER (45)
NEUMANN (58)
UREI (39)
AMPEX AM-10 (39)
その他オーディオ (219)
音楽 (849)
ジャズ (376)
クラシック (163)
名録音106、嶋護の一枚 & TAS LIST (131)
STEREO RECORDS (27)
近所のSさん (14)
中島みゆき (11)
その他音楽 (127)
その他 (117)
未分類 (0)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。